映像制作システム
TriCaster®2Elite

越後屋スタジオでは、映像制作システムTriCaster®2 Eliteを使用しています。

TriCaster®2 Eliteセット

TriCaster 2 Elite は、他のシステムにはない新しい核となる機能を搭載しており、情報源が溢れる今日の世界で制作における新しい基準を設定します。Skype™/MS Teams™/Zoom Meetings™/GoToMeeting™など、ほぼ全てのWeb会議ツールに加え、 NDI®/SRT/RTMP/RTP/HTTP/SRCおよびスマートフォンなど、あらゆるIPビデオソースに対応しています。
さらに、従来のSDIソースにもほぼ無制限でアクセスし、同時に使用することが可能です。プロデューサーは接続性を気にすることなく、スタジオにいるゲストとリモートのビデオ出演者を繋ぐことができます。

妥協のない柔軟性

TriCaster2 Eliteの中核をなすのは、最大4K60p対応のビデオフォーマットを自動的に認識する、32系統の外部入力を備えた60x45のビデオクロスポイントです。 創造性が制限される従来のルーティングスイッチャーとは異なり、各入力にはProcAmp機能、独立したキーイングとクロップ、自動化用のトリガーが含まれています。
8系統のHDビデオミックス出力、または2系統の4Kp60ビデオミックス出力、メディアプレーヤーのダイレクトNDI出力、複数のストリーミングエンコーダー、8系統すべてのSDI入力をNDIにリアルタイムに変換、8系統のレコーダーは独立して選択可能で、収録後すぐに再生することができます。
これらの機能は併用することが可能です。プラットフォームの柔軟性によりコンテンツ制作者は、複数の4Kストリームを異なる場所で同時配信、ビデオウォールへの出力、個別のブランディングや言語パックの対応、プログラムやラインカットの記録などを同時に行うことができます。

テレビ放送以上の機能

Adobe® Creative Cloud®ツールとの強力な統合により、8種類のミックス/エフェクト(M/E)を4つのレイヤーで提供し、無限の創造性を提供します。 ビジュアルストーリーテリングの自動化ツールとして、Microsoft Word®ファイルを使ったシンプルなプロンプターベースのスクリプト機能が備わっており、リスクと労力を軽減します。
バーチャルおよび拡張現実のシーンは、Adobe® Photoshop®ファイルからリアルタイムでレンダリングでき、非標準のフレームレートやアスペクト比(9:16など)でも、魅力的なコンテンツを簡単に多くの最新のメディア画面に配信できます。 その他にも、すべての入力に対するフレーム同期、バッファ内のGIFアニメーションサポート、ソーシャルメディアへのエクスポート、DANTE™およびAES-67のサポートを含むオーディオミキシングとルーティングなどの機能を備えています。

TriCaster®2 Elite標準スペック

ビデオ入力
最大 32 系統の外部映像ソースの同時入力に対応。UHD60fps(2160p 59.94)までのあらゆる解像度、映像ソースとの互換性、組み合わせをサポート
ネットワークビデオ入力
NDIを利用し、最大32系統のIPビデオ入力に対応。フィルとキー信号をサポート
SDIビデオ入力1
8系統の3G/HD/SD-SDI接続のビデオ入力をサポート。フォーマット、解像度、フレームレートはどの組み合わせでも利用可能2
  • 1080p : 59.94, 50, 29.97, 25
  • 1080i : 59.94, 50
  • 720p : 59.94, 29.97, 25
  • 576i 50
  • 480i 59.94
  1. NewTek NC1モジュール(別売入力オプション)の追加により、3G/HD/SD-SDIビデオ入力、もしくは4K UHD(Quad-Link 3G-SDI)を32系統まで拡張可能。
  2. 使用可能なフレームレートは、セッションビデオ規格(NTSCまたはPAL)によって異なります。
PTZ
最大32台のパン-ティルト-ズーム(PTZ)ロボットカメラの同時接続をサポート。RS232やRS422、IP経由などのシリアルまたはネットワークプロトコルを利用したコントロールとプリセット設定が可能
電話会議
Live Call Connect 機能を使用したソフトウェア統合により Microsoft Skype™ / Microsoft Teams™ / Zoom Meetings™ / GoToMeeting™ / Discord™ / Tencent™ から複数の同時ビデオ通話入力をサポート
ビデオ出力
最大8系統のHDまたは2系統のUHDビデオミックス出力を設定可能。SDIとIPからも同時出力可能
ネットワークビデオ出力
NDI経由で48系統のIP出力(HDおよびSDセッションのみ)
  • 最大 1080p 60fps(1080p 59.94)までのビデオミックス出力×8系統、または最大UHD 60fps(2160p 59.94)までのビデオミックス出力×2系統
  • ローカルSDI入力から変換したNDI経由のIPソース出力×8系統、または最大UHD 60fps(2160p 59.94)までのアップコンバートした出力×2系統
  • NDI経由のアルファチャンネル対応メディアプレイヤー出力×4系統
  • NDI経由のアルファチャンネル対応バッファ出力×15系統
  • マルチビューワ出力×3系統(モニターが3台接続されている場合)。2系統の4Kマルチビューワ出力と1系統のHDをサポート
  • マルチビューワ用ユーザーインターフェース×1系統
  • テレプロンプター出力×1系統(LiveStory™ Creator)
  • NDI経由のIP内部ルーター出力×8系統
SDI ビデオ出力
8系統の3G/HD/SD-SDI接続は、以下の設定が可能
  • 8 系統の独立した3G/HD/SD ビデオミックス出力3
  • または、3G-SDIクアッドリンク接続で2系統の最大UHD 60fps(2160p 59.94)ビデオミックス出力

3使用可能なフレームレートは、セッションビデオ規格 (NTSCまたはPAL) によって異なります。

ストリーム出力
2系統のストリーミング出力を個別の解像度にて出力可能。また同時ストリーム収録も可能。SRTストリーミングが可能になりました
マルチビューワ出力
一般的なディスプレイ解像度で4系統のマルチビューワ出力が可能。4K対応のDisplayPort出力×2系統
  • HDMI出力×1系統
  • DisplayPort出力×3系統
Mix/Effectバス(M/E)
  • リエントリー可能なM/Eバス×8系統
    • M/Eバス毎に4ソースまでのチャンネル設定が可能×1系統
    • 各バス毎のキーレイヤー×4系統
    • 各バス毎のメモリースロット×9系統
  • PREVIZ設定とプレビューバス×1系統
DSK(ダウンストリームキー)
DSKチャンネル×4系統
メディア
  • メディアプレーヤー×合計5系統
    • DDR(デジタルディスクレコーダー)×4系統
    • Sound(サウンド)×1系統
  • メディアバッファ×合計15個
    • アニメーションバッファ×10個
    • グラフィックバッファ×5個
キーヤー
すべてのソースとM/EバスにLiveMatte™クロマ/ルマキーテクノロジーサポート
  • 入力キーヤー×32系統
  • メディアプレイヤー用キーヤー×4系統
  • M/E 用キーヤー×8系統
  • PREVIZ 用キーヤー×1系統
  • バッファレイヤー×15系統
COMPs(合成)
ビデオ合成用 (COMPs)エンジンがスイッチャーと各M/Eバスに搭載。 レイヤー設定、作成、保存、さらにDVEスタイルのモーションシーケンスが可能
  • 各バス毎に設定可能なCOMPプリセット×16個
バーチャルセット
LiveSet™ テクノロジーによる30種類以上のバーチャルセットグループやボックスエフェクトを標準搭載
DataLink
DataLink™テクノロジーにより、システム内部、もしくは外部からの入力データをリアルタイム、且つ自動的に反映可能。 Webページやスプレッドシート、スコアボード、データベース、RSSフィード、XMLファイル、CSV、ASCIIコードなどのデータを利用可能
マクロ
ユーザーが設定した操作手順を記録、保存、編集して自動コマンド化
  • 設定したマクロを、コントロールパネル、キーボードキー、さらには、ホットスポット、MIDI、X-keys®ボタン、GPIトリガーへ割り当て可能
  • 音声、メディア再生、タリーや任意のスイッチャーアクションなど、イベント情報や状態の変更を含めることも可能
  • ウェブベースのインターフェースからのコントロールもサポート
レコーディング
最大32系統のビデオチャンネルを収録可能
  • 設定可能なM/EチャンネルHD×8系統またはUHD×2系統
  • SDIからのベースバンド入力×8系統
  • DDR(デジタルディスクレコーダー)×4系統
  • ストリーミングエンコーダー×2系統
  • DDRから再生されているファイルもサポート
  • 各入力にインスタントリプレイ機能を搭載
  • 合計32系統の入力を設定可能
ストレージ
4TBメディアストレージ(4台の1TB SSD内蔵ドライブをストライピング)
  • 記録時間は、保存するフォーマットや解像度などファイルの仕様に依存
  • USB 3.2 typeA×7、USB 3.2typeC×1、USB 2.0 2(Gen2、TypeA)×1接続で外部ドライブへの記録をサポート
  • サードパーティ製の共有ストレージソリューションが利用可能
グラブ
ビデオソースや出力信号から、フル解像度、デインターレースされた静止画像の取り込みが可能
エクスポート
ソーシャルメディア、FTP、ローカルや外部ボリューム、ネットワークサーバーへビデオやファイルをエクスポート可能、トランスコードオプションあり
オーディオ
  • 16チャンネルのオーディオパススルー
  • 8チャンネルオーディオに対応したマルチチャンネルオーディオミキサー、デジタルシグナルプロセッサ(DSP)と4×8×8オーディオ入力ルーティング機能
ローカルオーディオ入力
  • SDIエンベデッド×8系統
  • バランスXLRステレオペア(ラインレベル)×1系統
  • バランス1/4”ステレオペア(ラインレベル)×3系統
ローカルオーディオ出力
  • SDIエンベデッド×8系統
  • バランスXLRステレオペア×1系統
  • バランス1/4”ステレオペア×1系統
  • バランス1/4”ステレオ(フォン)×1系統
ネットワークオーディオ
  • NDI経由でのネットワークオーディオの入出力を標準サポート
  • NDI入出力のビデオ信号にオーディオのエンベデッドが可能
  • Audinate®社のDante™ネットワークプロトコルをサポート5
  • WDMオーディオドライバ互換のAES67をサポート6

5Danteを利用の場合、Audinate社のDanteバーチャルサウンドカードのライセンスが必要

6AES67を利用の場合、サードパーティ製のバーチャルサウンドカードのライセンスが必要

再生メディアフォーマット
マルチメディアファイルのインポートと保存、再生が可能。トランスコーダー付属
  • ビデオ:AVI,DV,DVCPro,DVCProHD,FLV,F4V,H.263,H.264,MOV,MKV,MJPEG,MPEG,
  • MP4,WMV,WebM,他
  • 画像:PSD,PNG,TGA,BMP,JPEG,JPEG-XR,JPEG2000,EXR,RAW,TIF,WebP,他
  • オーディオ:AIFF,MP3,WAV,他
モニタリング
4台までのマルチビューワディスプレイに対し、ワークスペースやビューポートの設定が可能。2台の4Kマルチビューワに対応。その場合、残りの2台はHDのマルチビューワ
信号のモニタリング
内蔵された波形モニターやベクトルスコープは、ITU-R Rec.709をサポートし、デジタルのキャリブレーションやカラープレビューがフルフィールドレートで表示可能
プロセシング
  • ビデオ:フローティングポイントYCbCr+A 4:4:4:4
  • オーディオ:フローティングポイント96kHz
スルーアウトレイテンシ
~1.5-2.5フレーム
映像・音声
  • UHD ビデオ:SMPTE 2036準拠(UHDTV1スクエアディビジョンを使用)
  • 3G-SDIビデオ:SMPTE 424M(Level A)準拠
  • HD-SDIビデオ:SMPTE 292M準拠
  • SDビデオ:SMPTE 259M、ITU-R BT.656準拠
  • アナログオーディオレベル:SMPTE RP-155準拠
タリー
ハードウェアのHD15ピンGPIコネクタ、もしくはNDI接続によるタリーサポート
ゲンロック
SD(Bi-level)もしくはHD(Tri-level)のリファレンス信号をサポート
GPI
JLCooper Electronics eBox GPI インターフェースを利用したGPI信号をサポート
MIDI
サードパーティ製のデバイスで使用される一般的なMIDIプロトコルをサポート
システムドライブ
250GB SSD
NIC
  • 10GbE NIC×1系統
  • 1GbE NIC×1系統
ハードウェア7
3RU ラックマウント型筐体、650W 二重化電源、積層型ハードウェア、フェイルセーフソフトウェア
  • サイズ(ラックマウント耳含む):48.3×13.34×49.7cm(19.0×5.25×19.57インチ)
  • 重量:11.91kgs

7カッパーケーブルまたは光学 SFP が必要です

標準スペックをもっと見る

TriCaster® 2 Elite の詳細および機能および仕様は下記リンクよりご覧いただけます。

ニューテック

TriCaster®はNewTek,Inc.の登録商標です。